Recent Trackbacks

ままのHP・ぶろぐ

ままのお気に入りぶろぐ

« February 2008 | Main | April 2008 »

白い椿

Img_7938

由莉まま一家は、明日から二泊三日の旅に出ます。rvcar

というわけで、その間は更新ができないと思います。

よろしくお願いします。wink

花かんざし 咲きそろっています

Img_7999

花かんざしが咲きそろってきています。

咲いてから長く楽しめるのもうれしいです。

今のところまだ下葉が蒸れている感じはありません。

このままがんばってほしいです。

Img_8002

この小豆っぽいつぼみも大好きなのですが、どんどん数が減ってしまいました。

花が咲き進んでくれるのはうれしいけれど、このつぼみが見られなくなるのはちょっと寂しいです。

ヒヤシンス 寄り添って

Img_7995

先日も紹介したヒヤシンスです。

背が低いところでこじんまりと咲いていたピンクのヒヤシンスもそれなりに伸びてきました。

そして、当時からいい感じだった青のヒヤシンスは、伸びすぎて自分の体を支えきれないようになってしまいました。coldsweats01

しかたないので、ピンクのヒヤシンスに寄り添わせて寄り添っています。

Img_7997

寄り添わないと、こんなことになってしまいます。

そろそろ青いヒヤシンスの花芽を切って、切花で楽しむべきなのでしょうね。

Img_7996

そして、ピンクのヒアシンスには、なぜだか2個目の花芽ができています。

お花や球根にとっていいことなのかどうかはわかりませんが、私としてはうれしいです。

君子蘭 花芽登場

Img_7975

去年株分けと植え替えの作業をしました。

なので、もしかして今年は咲かない?と心配したりもしました。

そんな君子蘭に、花芽が見えてきました。

よかった~。happy01

しかも、ふたつもできています。

花後は軒下に置きっぱなしでしたが、比較的葉っぱがきれいです。

誰がなんと言おうと、我が家ではきれいなほうなんです。

Img_7974

こちらは株が小さいので、無理かな?と思っていましたが、ちゃんと花芽が伸びています。

株分けしたもうひとつは、さすがに葉っぱの数も少なく今年は無理なようです。

ご近所の方にもらっていただいたものも、どうやら・・・。

来年に期待しましょう。

球根から咲いたお花たち

Img_7936

見頃の時期を、雨と風で過ごしてしまいました。

久々に穏やかな春の一日、ミックスのクロッカスが咲きそろうのは最後かもしれません。

黄色は元気を、紫は鮮やかさを、うっすらと紫の筋の入った白はかわいらしさを、それぞれに感じさせてくれました。

Img_7939

風でなぎ倒されたアネモネです。

つぼみだった3輪のうち一輪は茎が折れましたが、残りの2輪には、無事お花が咲きました。

いっしょに写っているのは、斜め前に置いているパンジーカーマインウィズブロッチです。

一番初めに咲いていたアネモネは、まっすぐ伸びたので桜草を借景にしていましたが、今回は斜めに咲いたので、パンジーになりました。despair

お花はきれいなので良しとしましょう。

咲いた ビオラ ブルースワール

Img_7948

去年とてもお気に入りだったビオラブルースワール(左)が咲きました。

自家採取の種から育てたブルースワールのポット苗を植えつけたはずでしたが、ビビラベンダーシェード(右)もひと株混じっていたようです。coldsweats01

しかも、ひと株なのに元気モノです。

でも、違和感がないというか、かわいい感じで同居しているので、いいかな~と思っています。

Img_7949

ブルースワールは、白っぽいお花に青い縁取りが入る清楚なお花です。

今年はまだ、青の入り方がとても控えめです。

自家採取の種だからか、たまたまなのか、時期的なものなのかはわかりませんが・・・。

つぼみもとても可憐です。

Img_7950

こちらはほんのりと青く縁取られています。

Img_7951

こちらは縁取りというより、ほんのかすかに青が載っているという感じ?

言われないと(言われても)わからないくらいかもしれませんが、これはこれでかわいらしいです。

三寒四温

Img_7968

先日、ある方の送別会に出ました。

春だから、お別れもあります。

それでも、季節は確実に流れていきます。

玄関先でも、春本番への歩みを確実に感じます。

出会いと別れ、喜びと悲しみが交じり合うような、そんな季節・・・。

三寒四温なのはきっと、お天気ばかりではないのでしょう。

ビオラビビピンクシェード 咲いた

Img_7964

ビオラビビピンクシェードが咲きました。

たったひとポットしか育たなかった自家採取の種からのお花です。

お気に入りの花色に出会えてよかったです。

咲いてくれて、ほんとうにありがとう。happy02

Img_7966

パンジーナチュレカーマインウィズブロッチといっしょに咲いています。

お互いどんどん咲き進んでくれるといいと思います。

Img_7976

斑入りのアイビーにも、小さな新芽が・・・。

芽吹きの時期でもあるのですね。

ヒアシンス 咲いた

Img_7961

青系のヒアシンスの花色にひかれて、ポット苗を植え付けたヒアシンスたちです。

青系とピンク系をひとつずつ植えつけていたら、こんなにも身長差のある子達になりました。

かわいいからいいですけどね。happy01

Img_7960

青系は、思った以上にしっかりとした青紫でした。

ほんとはライトブルーを期待したりもしていたのですが、こちらもきれいな花色です。

Img_7958

こちらはとても優しい花色に咲いてくれました。

ピンクの濃淡がお気に入りです。

Img_7963

鉢花たちといっしょに・・・。

甘い春の香りも運んでくれます。

ファイナルコンサート

Img_7900

昨日から季節が逆戻りしたような風が吹いています。

せっかく伸びたアネモネの花茎が折れたり、鉢植えのキンギョソウが花壇のネモフィラの中に落っこちたりとたいへんです。sad

それでも写真の中のビオラビビラベンダーシェードのように、新しく咲いてくれるお花もあります。

そして、今日は、吹奏楽部のファイナルコンサートでした。

中学校の体育館は寒かったです。

40分くらいの演奏でしたが、途中からは3年生も参加して、このメンバーでの文字通り最後のコンサートになりました。

観客は希望者なので、保護者以外に来るかしら?と思っていましたが、結構生徒たちも参加していて、よかったと思いました。

ビオラビビラベンダーシェードたち

Img_7934

自家採取の種から育ったビオラビビラベンダーシェードです。

こうしてお花が咲いています。

もともと色幅のあるお花だし、同じには咲きませんが、命のつながりを感じられてうれしかったりします。

パンジーたち

Img_7927

玄関先のパンジーカーマインウィズブロッチやムーランルージュたちが咲き進んできています。

一日一日と花数が増えていくのがわかります。

まだ暖かいときばかりではないけれど、季節が変わってきたのですね。

年度末という時節柄なのか、職場では何やかやとあわただしいことが起こってきます。

仕事が増えるのもたいへんだけど、あれやこれやと心をいためなければならないのはもっと辛いです。

体の疲労はとれても、心の疲れはなかなか癒せませんね。

すれ違い

Img_7910

職場にて、ここの所何かしら考えさせられることが多いです。

相手のことを思ってしたことかもしれないけど、言葉が足らないと、とんでもないことになるのだなと思いました。

された側の人、怒りまくってました。

事前にひと言、「こういう理由でこうしようと思うんだけど、どう?」と話し合いの場を持っていれば、こんな結果にはならなかったのしょうが・・・。

甘やかすってことではなく、気持ちよく働いてもらうことって、管理能力のひとつだと思うんだけど、難しいんですね。

Img_7904

今日は花粉症の症状が少し強く出ています。

プリムラは、ひと株ごとにブーケのように、きれいに集まって咲いています。

楽しいこともそうでないことも、悲喜こもごもの春です。

些細なこと

Img_7862

玄関先では、パンジーナチュレカーマインウィズブロッチのお花がいっぱいになってきました。

春に向かってどんどん変化していく玄関先の様子を見ていると、私の心も和んでいきます。

日々、楽しいことばかりではありません。

今日みたいに、些細なことが重なって、くじけそうになることも・・・。

でも、気分転換しながら、明日もまたがんばろう・・・。

辛い話

Img_7829

玄関先では、やってきたばかりのミニバラピーチ姫が、春色に輝いています。heart

ぽかぽか陽気のお昼間sunは、ガーデニング作業もはかどるというものです。

3月になって、確実に春に移り変わっています。

寒かった冬の名残も、少しずつ緩んでくるこの時期、気持ちだってうきうきしてくるはずなのに・・・。

これで、花粉症さえなかったらね~。

めがねにマスクの私はとっても怪しい人です。weep

なるべく薬も1種類だけで済むようにと思ってがんばっています。

でも、ひどいときはくしゃみと鼻水が止まらなくなります。目も痒くて痒くて我慢ができません。

この時期同じような思いをされている人って多いのでしょうね。

お雛様

3月3日と言えばお雛様・・・。

というわけで、

Img_7801

由莉の雛人形です。

シックな雛壇と、優しいトーンの衣装が気に入りました。

「雛人形は顔が命」だそうですが、私の選び方は違っていました。(^_^;

(実家の両親に、これがいいと言って買ってもらいました。)

Img_7807

小さなケースの中に、ちゃんと七段飾り分のお人形がそろっているんですね。

小さな頃は段飾りがほしいと思ったこともありましたが、これはこれでかわいらしいと思えるようになりました。

Img_7802

市松人形は、主人の実家からの贈り物です。

Img_7808

やっぱりケーキと桜餅はかかせないと思って買ってきました。

自転車で揺られたせいで、飾りがひっくり返っていました。(;_;)

ひし餅が生クリームに埋もれています。

20000Hitを過ぎている

もう少しで20000Hitだ!と思っていたら、いつの間にか過ぎていました。coldsweats01

うれしいです。happy01

こちらのほうは更新もままなりませんが、マイペースで書きたいことを書けたらと思っています。

こんなブログですが、私以外にも訪問している方がいることに感謝したいと思います。

« February 2008 | Main | April 2008 »