Recent Trackbacks

ままのHP・ぶろぐ

ままのお気に入りぶろぐ

« November 2008 | Main | January 2009 »

大晦日

2008年、私にとって多肉という新しい世界がプラスされた年でした。

Img_9031 (2008年5月)

来年は、増えた多肉たちと、さらにじっくりとお付き合いしてゆきたいです。

もちろん、種まきをはじめ、多肉以外のガーデニングも続けます。

ずっとおつきあいしていただいてる皆様、今年新しく知り合った皆様、今年一年本当にお世話になりました。

来年もよろしくお願いします。

そして、よいお年をお迎えくださいませ。

クリスマスプレゼント 水蓮華

きれいな形のハオルチア、水蓮華です。

Img_0096

蓮の花を思わせるところからついた名前でしょうか。

ぴったりの名前だと思います。

今年も残すところ二日、大掃除ならぬ大掃除もどきで、すでに疲れきっています。

ま~、無理は禁物ということで…。

クリスマスプレゼント 花鏡

Img_0090

花鏡です。

ぷっくらとした透明感のある葉っぱがきれいです。

Img_0093

伸びているのは花芽?

だとうれしいです。

花芽の周りの葉っぱは明るくてひときわきらめいているような気がします。

Img_0095

子株も付いていてかわいいです。

春になったら子かきというのをやってみたいと思います。

ハオの小さな子どもたちで、プチ寄せ植えを作る日を夢見ています。

万象

Img_0086_2 

はじめ、多肉の本で見ていたころは、 ふっといぞうさんの足みたいで、いまひとつかわいくないって思っていました。

Img_0085_2

でも、どうやら窓があるらしいと知って、気になりだした万象、とうとう我が家にやってきました。

Img_0087

私の写真ではわかりにくいけど、先端に平らにな窓があります。

なかなか面白いです。

こうしてどんどん深みにはまっていくのでしょうか。

火祭りになってきました

なんだかドリコム「由莉まま日記その2」で、画像が見えないなどの障害が発生しているようです。m(_ _)m

気を取り直して…。

Img_0059   

新緑の色をしていた火祭りも、赤くなってきています。

もうひと息?

色付き始めています 虹の玉

以前の虹の玉に比べたら、少し赤くなりました。

Img_0048

真っ赤というわけではないけれど、これはこれでなんだか可愛いです。o(*^▽^*)o

Img_0053

冬に向けて葉挿ししたとんでもない由莉ままですが、赤いプニプニの新芽がなんとも言えず愛らしいです。

今日も親ばかモードでお届けしました。

ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ 

メリークリスマス 不夜城

Img_0076

メリークリスマスxmas

クリスマスイヴの今日にふさわしい多肉を一生懸命考えてみました。

思い浮かびません。

そうだ、あれがあった…不夜城です。

どこが?って…。

Img_0077

入れ物がです。coldsweats01

100円ショップで買った不夜城には、点のように小さい子株がありました。

無理やり株分けして、同じく100円ショップからお迎えした小物入れに植えました。

ちゃんと根付いて、少しは大きくなったんですよ、これでも…。

親株のほうも、もちろん健在です。

あなたはだあれ?

Img_0035

数週間ほど前に、県庁所在地へ行く途中の園芸店で購入しました。

伸びすぎ?

Img_0036

春先に切り戻して挿し芽したらいいや…。

明るい新芽の縁取りの赤がかわいいしね。

Img_0037

わきから出た子もまたかわいいです。

すでにプチ寄せ植えにも使っています。

でも、ラベルが外れていて名前がわかりません。

園芸店のおばさんも、「なんだったかな~」とのこと。

小さな姿はエケっぽいし、こんなふうに伸びるセダムもあるし…。

あなたはいったいだあれ?

秋麗 いろいろ

Img_0030

寄せ植えの中で倒れていた秋麗、コンパクトに仕立て直したくて、切り戻しました。

Img_0031

かわいい新芽が出ています。

明るい葉先がほんのり色付いて、いいな~。

Img_0033

もちろん切り戻した部分はさし芽にしています。

ちょっとくたびれていますが、根付いているので、ひと株は確保…。

Img_0034

こちらは切り戻した芽を集めています。

これだけあれば、ちょっぴりリースが近付いたような気がします。

白牡丹いろいろ

Img_0016

HCで見つけたとき、徒長していて下の葉っぱも落ち気味だった気がします。

でも、白牡丹はほしかった子だし、次にいつ出会えるかもわからない…。

意を決してお買い上げしました。

Img_0017

さっそく切り戻しておいたら、新芽もできました。

Img_0020

切り取った部分はもちろん挿し芽しました。

ちゃんと根付いています。

Img_0018

挿し芽する時に取り除いた葉っぱ8枚は葉挿し中です。

かわいい新芽と根っこが出ています。

独り立ちできるようになったら、寄せ植えやリースの材料にします。(いったいいつのことか?気の長い話です。)

とりあえず元はとったと思ってしまうあたりが、貧乏性で情けないです。

┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

黒卵 古紫

我が家にやってきたときから窮屈そうだったので、ひと回り大きい鉢に植え替えました。

Img_0014

でも、すでにまた窮屈そうです。

卵というわりには、開いているような…。

でも、つややかな黒(紫?)がかった葉っぱはきれいと言えないこともないかな…。

Img_0015

新しい葉にも趣のかけらが見えるような…。

古紫という名は、だてじゃないですね。

群玉にも窓がある?

先日お花が咲いたとご紹介したばかりの群玉ですが…。

Img_0003_sp0000

久しぶりのおひさまにあててみると、先端がきれい!

これもやっぱり、おひさまを取り入れる窓なのでしょうか?

Img_0004_sp0000

新しく出たらしい小さな葉先も、なんだかおもしろいです。

万年草たち その2

六条万年草、薄雪万年草、ヒメレンゲです。

Img_9790_2

思い思いに生えてるっていう感じです。

新鮮な緑いろが初夏のよう?

Img_9791_2

こんもり丸く葉っぱが付いている姿が愛らしいです。

やさしい白っぽい緑が新鮮です。

Img_9792

枯れている気もするけど、かわいい新芽も出ています。

小さな葉っぱたちが健気でかわいいです。

明るい葉色がお気に入り…。

やっぱり、がんばって春を迎えてほしいセダムたちです。

万年草いろいろ

Img_9796

丸葉万年草

ちょっと?傷んでますが、小さな新芽、わかるかな~?

Img_9794

覆輪丸葉万年草

白い縁取りがかわいいです。

白い部分があるとか弱い印象だけど、丈夫なようです。

Img_9797

大葉丸葉万年草

紅葉しているのがうれしいです。

小さなポットで我が家にやってきた万年草たちです。

ひと回り大きい鉢で春を目指します。

小さなセダムたち

Img_9798

小さなセダムたち、挿し芽中です。

いつかポットからあふれるくらいに増えたら、リースや寄せ植えのグランドカバーに使いたいと思っています。

(そんな日が本当に来るのか?それは不明です。)

Img_9802

写真のものしかないので、とにかくがんばってほしいです。

Img_9803

これも、写真に写っているだけしかありません。

完全に枯れてはいませんが、なんだかあやしい気も…。(^-^;

Img_9804

色が黄色くなっているのは何を意味するのか?

ちょっと怖いので、深くは考えないことにしています。(そんな態度でいいのかは不明です。)

子株ができています ロッティー

Img_9812

お気に入りのロッティー、前回の紹介よりひと回り大きくなりました。

Img_9810

そして、かわいい子株の存在も分かるようになってきました。

色白の大小のプニプニが、いっそうかわいらしく感じられます。o(*^▽^*)o

Img_9811

上から見ると、セダムというよりちょっぴりエケっぽい?

丸みを帯びたやわらかそうな感じがいいな~。

お花が咲きました 群玉

Img_9697

我が家にやってきたときから、葉っぱの間に小さな芽が出ていました。

もしかしたら花芽?でも、こんなに小さい株だし、葉芽だよね~。

なんて思っていたら…。

Img_9695

すくすくと伸びて、白いお花が咲きました。

少しですが光沢のある(サボテンのような)花に感激です。

しべのぼんやりとした黄色もいいな~。

(親ばかモード)

Img_9699

お花は秋から冬に咲くらしいのですが、まだ咲いてくれるでしょうか?

セダム 牛といっしょに

Img_9650

小さなセダムです。

来たときよりひと回り大きい鉢に植え替えて牛さんの背中に入れました。

かわいいと、ひとりで満足しています。

寄せ植えのリニューアル

Img_9646

前回作っていた寄せ植えをリニューアルしました。

幾分赤くなっている火祭りから時計回りに、銘月、秋麗、グラパラ、虹の玉たちです。

Img_9648

こちらは、石の間の秋麗から時計回りに、熊童子、火祭、銘月です。

Img_9649_2

火祭の右側には虹の玉、銘月の右側には小さな秋麗がいます。

いずれも、葉挿しから育ったかわいい子たちです。

我が家にある多肉たちで、寄せ植えに使えるだけの余裕のあるものはごく限られていますが、いつかリースも作りたいし、もう少しセンスの良い寄せ植えが作れるようになりたいと思っています。

 

よっつ並んで

Img_9644

右から、

株分けした大和錦(エケベリア)…やさし気な葉色に縁取りがかわいいいです。

株分けした女雛(エケベリア)…葉っぱが一部取れています。(^-^;頼もしい繁殖力らしいので、楽しみです。

株分けしたゲッセルリンゲアーナ(エケベリア)

挿し芽から根付いた月兎耳(カランコエ)…小さいほうがかわいい?

大和錦にも女雛にも子株がくっついていてかわいいです。

春になったら独り立ちさせて、麗しい子に育てたいです。

Img_9645

右から3番目のゲッセルリンゲアーナです。

葉っぱもちぎれてしまって傷だらけですが、やわらかな感じがお気に入りのエケです。

全体に言えることですが、もう少し気を遣わないとだめですね。(;;;´Д`)

火祭錦

Img_9420

多肉 火祭錦です。

火祭の斑入りバージョンなんですよね。

周囲がなんとなく赤いくらいですが…。(^-^;

Img_9422

火祭錦から時計回りに、ビアポップ、黒法師、若緑、紫麗殿、乙女心と並んでいます。

いずれこの箱を使って、多肉の箱庭を作りたいと思っています。

乙女心

Img_9419

葉先がぽっと赤く…いかにも乙女心だと思っています。

ぽっと頬を染める乙女は遠くなったのかしら?

でも、この子は人気者だと思うので、そういう心は忘れられていないのでしょう。

そろそろ多肉の冬越しを考えています。

セダム属は、今のカーポート下で大丈夫と信じよう…。

« November 2008 | Main | January 2009 »